老いるという寂しさの中に残っているものは生きてきた軌跡。

  • 2018.05.31 Thursday
  • 22:10

 

最近年を取る寂しさについて良く考えます。

 

どんな60代、70代を生きていくのかなって

思います。

 

これから一つずつ少しずつ

何かを無くしていくんだなっていう

ことも思います。

 

体力、気力、

でもそれ以上に得たものもあると

思うんです。

 

私の中にはたくさんの思い出が詰まっていっています。

それは日々増えています。

 

それらを今後の人生を楽しむために

大切にしていきたいと思っています。

 

もし、

寝たきりになっても

たくさん思い出すことがあって、

今日はこの部分を思い出して楽しもう、

あそこはつらいから、止めておいて、

あの旅行の事をしっかり思い出そう、

ついでに映画のストーリーも思い出せるかなって

 

今も子どもたちの小さなころや、

猫のくろちゃんと初めて出会った時の事、

子どもの時の川遊びを思い出すと、

それだけで笑えて来ます。

 

そんなたくさんの思い出を

大切に出来ればなって思います。

 

年をとって、思うようにならなくて、

友達も一人二人と減っていくけれど、

どの友達も心の中にいて、

いずれ必ず会うことが出来ます。

 

もし、

悲しい記憶しかないと思う人がいたら、

食べたものを、見た空を

思い出してみて下さい。

どこかにホッとできる記憶が

あるはずです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カウセリング・ルームの事は

HPhttp://www.counseling-an.com/index.htm.ghb

 

カウンセリングのご予約は

電話予約 080−6942−7864

ネット予約https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/6692

 

カウンセラーの日常の事は

FB https://www.facebook.com/fumiko.hayami.1
Twittter https://twitter.com/NoharaMary

インスタグラムhttps://www.instagram.com/counselingrooman/

 

カウンセリングルーム杏

速水史子

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM