【東海豪雨にあった時にしてもらって一番嬉しかったのは・・・】

  • 2018.07.08 Sunday
  • 23:53

 

今から17年ほど前東海豪雨にあい、

床上浸水に合いましたが、
その時割と早い時期に義援金が

一円単位で配布されたことでした。


市の職員だったのか、

どなたが持ってきてくれたのか

覚えていないのですが、

きっちりと被災者で分けました、

という1円単位での支給にとても感動しました。

 

 

うちから少し離れたところは浸水してなかったので、
何の代わりも無く日常が送られていました。

だったので、しばらく食事を買ったものや外食で済ませましたし、

濡れて使えなくなったものは廃棄して買い直しです。

とにかく現金が出て行きました。

そんな中での義援金、本当に嬉しかったです。

 

当時、送ってくださった方々、
今もその時の嬉しさを簡単に思い出すことが出来ます。

ありがとうございました。

 

 

もちろん実際動いてくださった方々にも
随分お世話になりました。

フローリングを張り替えることにしたので、
一旦家具をほぼ運びだすのに、
その家具を戻すのにと、ずいぶん手伝ってもらいました。

 

 

どんな災害でも、一段落して終わったようでも

まだまだ手伝ってもらいたいことって、たくさんあると思います。

それにもお金が必要だったりするんですよね。

という事で、被災者の人に何かをしたいと思ったら、
お金という選択肢も入れてみてください。

 

で、書いてて思いたしたのですが、
さらに昔、阪神大震災の時には
亡き父が義援金を送りました。

今から23年前はお金を送ると、
地元の新聞に名前が載ってました。


(どこに送ってなぜ新聞に名前がよる様な

仕組みになっていたのかはわからないですが)

 

次々と知り合いの名前が新聞に載るのを見て、

ああ、みんな送ってるんだ、とそして父も

「送らなくては」と思い送り、

しばらくして新聞で父の名前を見ました。

 

どんな理由で送ったのであろうと、

現金は現金でお役にたっただろうなって、

いまさらながらに思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カウセリング・ルームの事は

HPhttp://www.counseling-an.com/index.htm.ghb

 

カウンセリングのご予約は

電話予約 080−6942−7864

ネット予約https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/6692

 

カウンセラーの日常の事は

FB https://www.facebook.com/fumiko.hayami.1
Twittter https://twitter.com/NoharaMary

インスタグラムhttps://www.instagram.com/counselingrooman/

 

カウンセリングルーム杏

速水史子

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM