【昔、1人の母親が言ったこととコンビニの本棚のエロ本から見える女性蔑視の現実】

  • 2019.01.14 Monday
  • 00:32

【昔、1人の母親が言ったこととコンビニの本棚のエロ本から見える女性蔑視の現実】

 

 


昔、とある男の子ママの言ったことです。

「うちの子(息子0歳児)はここにいる女の子たち
全員をはらませることができる」
そこには男女合わせて10人以上の子どもたちがいました。

さすがにこの発言には目を剥きました。

 

 

今の世の中の女性蔑視の根深さを
この一人の母親から発言を思い出すたびに知らされます。

息子にお嫁さんを何とかするために、
外国からお嫁さんをもらう。
息子の将来を心配するあまり出てくる
親の愛でしょう。

 


でもどれだけ言いつくろっても、
近所や知り合いの女性はだれも
嫁ごうとしない人に外国の女性なら良いのか、
と疑問に思わざるをえません。
(結婚していない男性に魅力が無いという話しでは
ありません。私のまわりには魅力的な独身男性が
たくさんいます)

 

 

家を守る。先祖から続いてきたことを
ここで途絶えさせることは出来ない、
という事もあると思います。

文化や伝統などの伝承も考えると、
簡単には言えない事ですが、
それでも、女性は道具ではないと言いたいです。

 

 

先日からのNGT48の山口さんの事件。
メンバーが関わってるとかいろんな話が
出てますがメンバーがどうとかではなく、
これは実際に犯罪を犯した男性の倫理、道徳、良心の
欠如の問題です。付随して真剣に話している
指原さんの言葉を茶化すお笑いタレントの話も
テレビ向けの発言という部分を差し引いても
残念な話です。

 

 

悲しいし、悔しい。

女性自身も自分達女性はもっともっと
自分自身を大切に扱うことをきちんと
学ぶことが必要なのではとも思います。

それには当たり前のように、
女性の性が日常の中で商品化されて、
消費されている現実、
コンビニの本棚に置いてる成人向け
のエロ本などによって、女性自身に
まだ良く分からない子どもたちに
自分達の性は女性の性は商品になる、
と刷り込まれていく現実を一度見直す
所から始めることかなと思います。
(では男性は?男性のアイドルは、
という話はまた別の話です。)

 

 

あと、やっぱり犯罪は犯罪。
司法が違うといっても解釈が違っても
罪は消えません。
やるかやらないかの最後の判断を
自分でしたのなら、自分の手を自分で
動かしたのなら自分の責任です。

 

だから、山口さんが謝る必要は

ないんです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

女性専門のカウンセリングをしています。

恋愛、離婚、不倫、生きづらさ、

犯罪被害、DV等でのカウンセリングのご予約は

http://www.counseling-an.com/contactus.html

電話予約 080−6942−7864

お時間の相談は電話にて承っています。

 

カウンセラーの日常の事は

FB https://www.facebook.com/fumiko.hayami.1
Twittter https://twitter.com/NoharaMary

インスタグラムhttps://www.instagram.com/counselingrooman/

 

カウンセリングルーム杏

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM